乾燥によるフケは洗髪に気を付けることで解消が可能

フケのタイプは2つあり、頭皮の乾燥が原因となる粉のような細かいタイプと、逆に余分な皮脂で大きな塊となりベッタリとしているタイプがあげられます。
その中で乾燥タイプのフケはちょっとしたことで肩に落ち、見た人に不潔な印象を持たれてしまう厄介ものです。

でも乾燥タイプのフケは洗髪の仕方に気を配るだけでかなり抑えることができるので、その方法を紹介したいと思います。

細かいフケを生み出す頭皮の乾燥はストレスや食生活の乱れなど様々な原因があげられますが、頭皮の血行が悪く栄養が行き渡っていないことも大きな原因です。
そこで洗髪時には頭皮の血行を意識することが大切です。

まず洗髪の前にしっかりブラッシングをします。
ブラッシングは頭皮を適度に刺激して血行を良くするだけでなく、既にあるフケや抜け毛、汚れをある程度落とすこともでき、髪の毛の絡まりもほどくことができます。
ブラシは天然毛のものが理想的です。

その後洗髪をしていきますが、シャンプーをつける前の予洗いもしっかり行います。
髪全体を濡らすだけでなく、この時点である程度の汚れを落とすように、2~3分かけてぬるま湯だけで洗うようにします。

そこからシャンプーを使っていくことになります。
フケ対策用のアミノ酸系シャンプーを使うことが理想ですが、通常のシャンプーも使い方を工夫することで、ある程度フケは抑えられます。

通常のシャンプーは洗浄力が非常に高いのが特徴で、時には強い刺激を与えてしまいます。
泡立ちが悪いとどんどんシャンプーを追加したくなりますが、たとえ泡立たなくても汚れは十分落ちていることがほとんどですので、使う量は出来るだけ抑えるよう心がけましょう。

ここまででやってきたブラッシングや予洗いはシャンプーの量を減らす目的もあります。

洗髪の際は髪より頭皮を中心に洗うという感覚で行うと効果的です。
指に少し力を込めて、決して爪を立てないようにして洗っていきます。頭皮がじんわり温かいと感じられるくらいの力でマッサージをするように洗うと、血行が促され健康な頭皮を作ることに役立ちます。

その後のすすぎも重要なポイントです。
すすぎ残りはフケを生み出す原因となります。一通り洗い終わったと思った後も2~3分すすぎ続けるようにしましょう。

どうしても乾燥フケが治らないという場合は専門医に相談することをおすすめしますが、大抵は洗髪方法や生活習慣の見直しでかなりの改善が見られます。
お金をかけずにできるこれらの方法で、フケの出ない頭皮を手に入れましょう。

洗髪の仕方や生活習慣を見直してみる

フケは頭皮が剥がれ落ちることによって起こります。
頭皮も他の部分の皮膚と同じようにターンオーバーを繰り返しています。

その為、フケが出るのは当り前のことなのです。
しかし、フケの量が多すぎる場合は何らかの原因が考えられます。

フケの状態には乾燥したものとベタベタしたものがあります。
乾燥したフケの場合は肌が乾燥して起こることがあります。

刺激の強いシャンプーを使っていたり、洗髪の回数が多すぎるなどの原因も考えられます。
また、頭皮の乾燥は生活習慣や食生活、またはストレスなどによっても大きく変わってきます。

普段から乾燥した場所にいることが多く、あまり汗をかかないと肌は乾燥してしまいます。
頭皮に異常な痒みを生じたり、赤くなっているような場合は皮膚科を就寝して、適切な治療を受けましょう。

ベタ付いているフケの場合は食生活や生活習慣、ストレスなどが考えられます。
また、整髪料などもフケの原因となってしまいます。

頭皮までキレイに洗えていないと、毛穴が詰まってきてしまいます。
頭皮は髪の毛があるので、その分丁寧にいつも清潔を心がけたいものです。

シャンプーなどが頭皮に合わない場合も考えられます。
自分の頭皮に合ったシャンプーを使い、丁寧に洗うことを心がけましょう。

過度の飲酒や喫煙、睡眠不足などもフケの原因になることがあります。
フケが多すぎるということは、体からのメッセージです。

自分なりにできる生活習慣や食習慣の改善、シャンプーや整髪料などを見直ししても、あまり効果がない場合は、専門医に相談すると良いでしょう。

何らかの病気が原因で頭皮に異常が起こっている場合も考えられます。
早めに原因を知り、適切な処置をしていくことが、頭皮の健康を守り、フケの量を正常にしていくことに繋がります。

フケを取るための対処法

頭にフケが大量に発生してしまったら、他の人から不潔な人と思われるではと焦って何度もシャンプーしたりしてしまいがちです。
しかし、フケが気になるからと何度もシャンプーをしてしまうと逆効果になってしまいます。

シャンプーをし過ぎてしまうと、保湿してくれるはずの皮脂まで洗い流してしまい地肌が乾燥して余計にフケが出てしまいます。
では、どうしたら気になるフケを減らす事が出来るかというとまずは、シャンプーの見直しです。

フケが出る原因にシャンプーが原因となっている場合があります。
フケが気になるタイプの人は、フケを取りたい一心で洗浄力の強いシャンプーを使用している場合があります。

洗浄力の強いシャンプーは刺激が強く、頭皮や髪に逆にダメージを与えてフケを発生させている場合があります。

そのため、フケが多いと感じる人は低刺激のシャンプーに変えるだけでフケを抑える事が出来る場合もあります。

フケが発生する原因は、他にも多くあり紫外線の強い時期に頭皮が日焼けをしてしまうと、肌のバリア機能が壊れてフケが発生してしまう場合もあります。
身体や顔には日焼け止めを付ける人が多いですが、頭に日焼け止めを付けるという意識が低いですが、最近では頭皮用の日焼け止めスプレーなども売っているので、紫外線の強い時期には日焼け止めスプレーで日焼けの予防をする事も大切です。

また生活習慣もフケと関係があり、食生活が乱れていたり睡眠不足だったりストレスが溜まるとフケは発生してしまいます。

生活習慣を改め、食事をバランス良く摂取して睡眠を取り、ストレスを上手く発散させる事もフケを取るためには、有効な手段です。

フケの原因は、いろいろありますから、自分のフケの原因が何かをまず突き止めてから対処するのが一番です。

正しいシャンプーをして、頭皮を清潔にしよう!

35歳を超えたあたりから、頭にフケが出ることが気になってきました。
気になればなるほど、早く洗い流してしまおう、と何度もシャンプーをしていた私。
でもフケは減る気配がない…。

おかしいな、と思ってフケについて調べたところ…それが大きな間違いだったことに気が付きました!
何度もシャンプーをするのは、かえってフケを増やす結果になってしまうとのこと。
慌てて私は何度もシャンプーをするのをやめて、一日一回に減らすことにしました。

ただ、それでフケが減るわけではありません。
さらに調べを進めますと…
どうやらフケ対策には、頭皮に低刺激の、アミノ酸系のシャンプーがいいようです。
頭皮や髪にダメージを与えると、フケの発生を加速させる可能性があるとのこと。
私が使っていた安物のシャンプーは、石鹸系で、フケ対策には向いていない物であることがわかりました。
少々お値段が張りましたが…フケをまき散らして過ごすよりはマシだ!と思い、思い切って高級なアミノ酸系シャンプーを購入!
これで頭皮に刺激を与え続けた日々とはオサラバです。

ただこれで万事解決、というわけではありません。
重要なのは「頭皮を清潔にする!」ということです。
そこで私は、シャンプーした後、洗いっ放しだった髪をドライヤーで乾かすことにしました。
乾かさずにそのままにしておくと、頭皮に雑菌が増殖してしまうようで、それを防ぐためにもドライヤーは必須なようです。
ただ、ドライヤーの風が頭皮に直接当たってしまうと、乾燥してフケの原因になるので、注意が必要です。
あとは枕カバーなどをこまめに洗濯するようにして、極力頭皮に雑菌が付かないように注意しました。

すると…
おかげで最近フケがかなり減り、快適な生活を取り戻すことができました!

大事なのは正しいシャンプーと頭皮の清潔を保つこと…
これだけでかなりフケは減らせると思います!
みなさんも是非お試しあれ!

フケを抑えるにはシャンプーを見直して保湿を心がける

ふと肩口を見たらフケが落ちていたり、ちょっと頭を掻いたらポロポロと落ちてきた、そんなときにはかなりのショックを受けるものですね。毎日しっかり髪の毛を洗っているのになぜフケがと思うことでしょう。

実はそのしっかり洗っているという行為がフケを発生させてしまう原因になっていることがあるのです。人間の頭皮には皮脂がありますが、この皮脂には頭皮を保湿する役割があります。フケというのは頭皮が乾燥することで発生しやすくなってしまうものですから、保湿してくれる皮脂をすべて取り去ってしまうことがフケの原因となる場合があるのです。清潔に保つことは大切ですが、しっかり洗ってしまうとこの皮脂がなくなってしまい、フケが増える原因となります。

そのためシャンプーの仕方を改善することがフケを抑えることにも繋がります。ゴシゴシこすったりせず、指の腹で優しく頭皮を洗ってあげるようにします。シャンプーの刺激によってフケが増えてしまうことも考えられるため、低刺激のシャンプーに変えることもおすすめです。

頭皮を保湿してあげることも効果的なので、頭皮用の保湿ローションを使うのも良いでしょう。また、髪が濡れているとフケのもととなる菌が増殖しやすくなるため、タオルドライをしてからドライヤーで乾かすことも有効です。しかし乾かしすぎると頭皮が乾燥してしまうので、タオルの上からドライヤーを当てるなど工夫をすることも大切です。

紫外線がフケの原因となることもあるといわれているため、帽子を被ったり日焼け止めスプレーを使ったりして頭皮を紫外線から守ってあげるのも良いでしょう。

たくさんフケがあると気になってしまうものですが、気にしすぎるとそれがストレスとなってしまうこともあります。基本的なフケならば正しくシャンプーをしたり乾燥しないようにケアしてあげたりすれば抑えることが可能なため、あまり気にすぎないことも大切かもしれませんね。

洗浄力の弱いシャンプーを使って、頭皮の乾燥防止

フケが出るのには、頭皮の乾燥が原因の場合と、皮脂の過剰分泌が原因の場合と、2種類あります。
どちらが原因にしても、頭皮の状態を正常に戻すのが、解決方法です。

私がフケで悩んでいた時は、乾燥が原因でした。
細かいフケがパサパサっとできて、肩に落ちていたり髪についていたり。
小さいから目立ちにくいけれど、不潔な印象がするので困っていました。
逆に皮脂分泌が過剰でできるフケは肩に落ちたりせず、頭皮にべたっとついているみたいです。

私の頭皮が乾燥してしまったのは、洗浄力が強いシャンプーを使っていたせいだと思います。
どちらかと言うと、すっきりした感触で洗えるシャンプーが好み。
毎日のシャンプーで頭皮に必要な油分や水分までも洗い流してしまっていたようです。
ちゃんと洗わないと皮脂が残ってしまいフケができますが、しっかり洗いすぎるのも乾燥してしまいます。
適度な洗浄力で頭皮にやさしく洗うのが一番のようです。

使っているシャンプーを見直し、洗浄力が弱いアミノ酸系のシャンプーに変更して様子を見ることにしました。
最初は頭皮がすっきりとせず、洗った感じがしないのが不満でしたが、使っていくうちに慣れていきました。
しばらく使うと、自然とフケが出なくなりました。
すぐには効果が出ず、1か月くらい使ってみてやっと変化が実感できたので、気長に行うことをおすすめします。
シャンプー前にブラッシングをしっかり行い、汚れが落ちやすくしていたのも、良かったのだと思います。

アミノ酸系のシャンプーを使い始めてから、背中にできていたニキビが消えたのも嬉しかったです。
これまで使っていたシャンプーは皮膚への負担が大きかったのかもしれません。
シャンプー一つでこんなに変化があるのか、と驚きました。

フケの原因には乾燥と皮脂過多がある

1つ目の乾燥が原因の乾性フケがあります。乾燥フケは小さくて細かいフケで粘性がまったくありません。頭皮からパラパラと落ちていき髪の毛からスルッとすり抜けて肩へ落ちます。手で簡単に取り除くことでパッパッと取り除くことが出来ます。常に鏡が手放せません。

常に携帯のエチケットブラシを携帯しておくのがそして頭皮そのものの原因を改善することも大事になってきます。頭皮の乾燥には保湿力の高い「セラミド」を配合したローション使うと効果的です。シャンプーの後に湿布して軽くなじませるとより効果的でより浸透成分が浸透しやすくなります。空気がとても乾燥した日(冬は特に)は毎日してください。次は皮脂過多で原因が「脂性のフケ」はフケが大きく粘り気があるのが特徴で乾性フケのように肩には落ちず、粘り気があり、髪の毛にひっかかってほぼ付着していることが多いです。気づいたら髪に付着しているフケだけ取り除きます。

頭皮からブラシなどでといてしまうと、はがれていないフケまではがれて余計にフケを増やしてしまうので注意が必要です。皮脂を抑えるスプレーなどが市販されているので頭皮にスプレーしてフケが落ちるのを防ぎます。軽くブラッシングしてからシャンプーします。シャンプーで泡を立てて泡を少し塗布してマッサージします。熱いお湯は頭皮に刺激を与えるので、ぬるめのお湯で泡をしっかり流します。この洗い方で新しいフケを作らずある程度抑えることができます。

朝シャンプーするのはやめて、1日の汚れはその日の夜きれいに落とすことです。髪も濡れたままにせず、すぐその日にしっかり乾かし、就寝してください。半乾きや濡れたままだと、雑菌が増殖しフケがまた増えることになります。もうひとつプラスするならシャンプー後、ドライヤー前に頭皮用の保湿剤を塗布してマッサージで血行を良くします。栄養も浸透しフケにも効果が期待でき改善できます。