乾燥によるフケは洗髪に気を付けることで解消が可能

フケのタイプは2つあり、頭皮の乾燥が原因となる粉のような細かいタイプと、逆に余分な皮脂で大きな塊となりベッタリとしているタイプがあげられます。
その中で乾燥タイプのフケはちょっとしたことで肩に落ち、見た人に不潔な印象を持たれてしまう厄介ものです。

でも乾燥タイプのフケは洗髪の仕方に気を配るだけでかなり抑えることができるので、その方法を紹介したいと思います。

細かいフケを生み出す頭皮の乾燥はストレスや食生活の乱れなど様々な原因があげられますが、頭皮の血行が悪く栄養が行き渡っていないことも大きな原因です。
そこで洗髪時には頭皮の血行を意識することが大切です。

まず洗髪の前にしっかりブラッシングをします。
ブラッシングは頭皮を適度に刺激して血行を良くするだけでなく、既にあるフケや抜け毛、汚れをある程度落とすこともでき、髪の毛の絡まりもほどくことができます。
ブラシは天然毛のものが理想的です。

その後洗髪をしていきますが、シャンプーをつける前の予洗いもしっかり行います。
髪全体を濡らすだけでなく、この時点である程度の汚れを落とすように、2~3分かけてぬるま湯だけで洗うようにします。

そこからシャンプーを使っていくことになります。
フケ対策用のアミノ酸系シャンプーを使うことが理想ですが、通常のシャンプーも使い方を工夫することで、ある程度フケは抑えられます。

通常のシャンプーは洗浄力が非常に高いのが特徴で、時には強い刺激を与えてしまいます。
泡立ちが悪いとどんどんシャンプーを追加したくなりますが、たとえ泡立たなくても汚れは十分落ちていることがほとんどですので、使う量は出来るだけ抑えるよう心がけましょう。

ここまででやってきたブラッシングや予洗いはシャンプーの量を減らす目的もあります。

洗髪の際は髪より頭皮を中心に洗うという感覚で行うと効果的です。
指に少し力を込めて、決して爪を立てないようにして洗っていきます。頭皮がじんわり温かいと感じられるくらいの力でマッサージをするように洗うと、血行が促され健康な頭皮を作ることに役立ちます。

その後のすすぎも重要なポイントです。
すすぎ残りはフケを生み出す原因となります。一通り洗い終わったと思った後も2~3分すすぎ続けるようにしましょう。

どうしても乾燥フケが治らないという場合は専門医に相談することをおすすめしますが、大抵は洗髪方法や生活習慣の見直しでかなりの改善が見られます。
お金をかけずにできるこれらの方法で、フケの出ない頭皮を手に入れましょう。

正しいシャンプーをして、頭皮を清潔にしよう!

35歳を超えたあたりから、頭にフケが出ることが気になってきました。
気になればなるほど、早く洗い流してしまおう、と何度もシャンプーをしていた私。
でもフケは減る気配がない…。

おかしいな、と思ってフケについて調べたところ…それが大きな間違いだったことに気が付きました!
何度もシャンプーをするのは、かえってフケを増やす結果になってしまうとのこと。
慌てて私は何度もシャンプーをするのをやめて、一日一回に減らすことにしました。

ただ、それでフケが減るわけではありません。
さらに調べを進めますと…
どうやらフケ対策には、頭皮に低刺激の、アミノ酸系のシャンプーがいいようです。
頭皮や髪にダメージを与えると、フケの発生を加速させる可能性があるとのこと。
私が使っていた安物のシャンプーは、石鹸系で、フケ対策には向いていない物であることがわかりました。
少々お値段が張りましたが…フケをまき散らして過ごすよりはマシだ!と思い、思い切って高級なアミノ酸系シャンプーを購入!
これで頭皮に刺激を与え続けた日々とはオサラバです。

ただこれで万事解決、というわけではありません。
重要なのは「頭皮を清潔にする!」ということです。
そこで私は、シャンプーした後、洗いっ放しだった髪をドライヤーで乾かすことにしました。
乾かさずにそのままにしておくと、頭皮に雑菌が増殖してしまうようで、それを防ぐためにもドライヤーは必須なようです。
ただ、ドライヤーの風が頭皮に直接当たってしまうと、乾燥してフケの原因になるので、注意が必要です。
あとは枕カバーなどをこまめに洗濯するようにして、極力頭皮に雑菌が付かないように注意しました。

すると…
おかげで最近フケがかなり減り、快適な生活を取り戻すことができました!

大事なのは正しいシャンプーと頭皮の清潔を保つこと…
これだけでかなりフケは減らせると思います!
みなさんも是非お試しあれ!

フケを抑えるにはシャンプーを見直して保湿を心がける

ふと肩口を見たらフケが落ちていたり、ちょっと頭を掻いたらポロポロと落ちてきた、そんなときにはかなりのショックを受けるものですね。毎日しっかり髪の毛を洗っているのになぜフケがと思うことでしょう。

実はそのしっかり洗っているという行為がフケを発生させてしまう原因になっていることがあるのです。人間の頭皮には皮脂がありますが、この皮脂には頭皮を保湿する役割があります。フケというのは頭皮が乾燥することで発生しやすくなってしまうものですから、保湿してくれる皮脂をすべて取り去ってしまうことがフケの原因となる場合があるのです。清潔に保つことは大切ですが、しっかり洗ってしまうとこの皮脂がなくなってしまい、フケが増える原因となります。

そのためシャンプーの仕方を改善することがフケを抑えることにも繋がります。ゴシゴシこすったりせず、指の腹で優しく頭皮を洗ってあげるようにします。シャンプーの刺激によってフケが増えてしまうことも考えられるため、低刺激のシャンプーに変えることもおすすめです。

頭皮を保湿してあげることも効果的なので、頭皮用の保湿ローションを使うのも良いでしょう。また、髪が濡れているとフケのもととなる菌が増殖しやすくなるため、タオルドライをしてからドライヤーで乾かすことも有効です。しかし乾かしすぎると頭皮が乾燥してしまうので、タオルの上からドライヤーを当てるなど工夫をすることも大切です。

紫外線がフケの原因となることもあるといわれているため、帽子を被ったり日焼け止めスプレーを使ったりして頭皮を紫外線から守ってあげるのも良いでしょう。

たくさんフケがあると気になってしまうものですが、気にしすぎるとそれがストレスとなってしまうこともあります。基本的なフケならば正しくシャンプーをしたり乾燥しないようにケアしてあげたりすれば抑えることが可能なため、あまり気にすぎないことも大切かもしれませんね。

洗浄力の弱いシャンプーを使って、頭皮の乾燥防止

フケが出るのには、頭皮の乾燥が原因の場合と、皮脂の過剰分泌が原因の場合と、2種類あります。
どちらが原因にしても、頭皮の状態を正常に戻すのが、解決方法です。

私がフケで悩んでいた時は、乾燥が原因でした。
細かいフケがパサパサっとできて、肩に落ちていたり髪についていたり。
小さいから目立ちにくいけれど、不潔な印象がするので困っていました。
逆に皮脂分泌が過剰でできるフケは肩に落ちたりせず、頭皮にべたっとついているみたいです。

私の頭皮が乾燥してしまったのは、洗浄力が強いシャンプーを使っていたせいだと思います。
どちらかと言うと、すっきりした感触で洗えるシャンプーが好み。
毎日のシャンプーで頭皮に必要な油分や水分までも洗い流してしまっていたようです。
ちゃんと洗わないと皮脂が残ってしまいフケができますが、しっかり洗いすぎるのも乾燥してしまいます。
適度な洗浄力で頭皮にやさしく洗うのが一番のようです。

使っているシャンプーを見直し、洗浄力が弱いアミノ酸系のシャンプーに変更して様子を見ることにしました。
最初は頭皮がすっきりとせず、洗った感じがしないのが不満でしたが、使っていくうちに慣れていきました。
しばらく使うと、自然とフケが出なくなりました。
すぐには効果が出ず、1か月くらい使ってみてやっと変化が実感できたので、気長に行うことをおすすめします。
シャンプー前にブラッシングをしっかり行い、汚れが落ちやすくしていたのも、良かったのだと思います。

アミノ酸系のシャンプーを使い始めてから、背中にできていたニキビが消えたのも嬉しかったです。
これまで使っていたシャンプーは皮膚への負担が大きかったのかもしれません。
シャンプー一つでこんなに変化があるのか、と驚きました。

頭のフケを抑える方法について

頭のフケに悩まされている人は男女共に多いようです。たいてい頭のフケがたくさん出る人はかゆみもあることが殆どです。この症状は頭皮のトラブルから起きる症状で、その原因はシャンプーに含まれている成分が頭皮に刺激を与えてアレルギー症状を起こしたことによるものです。

市販されている一般的なシャンプーには界面活性剤や香料や色素などさまざまな添加物が加えられています。これらの成分がアレルゲンとなり頭皮にアレルギー症状をおこし、それが頭皮の乾燥やカユミ、フケを引き起こしてしまうのです。ですから、これらの症状に悩まされるようになったら、まず使用しているシャンプーの見直しをする必要があります。

最近はフケカユミなどに効果のある薬用シャンプーがたくさん発売されています。これらは低刺激性のアミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーであることが殆どです。こういったシャンプーに変更することで、フケの症状が治ることが多いのです。だいたいアミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーなどに変えると早ければ2、3日後にはフケが治まってくるようです。

シャンプーをノンシリコンのものに変えてしばらく使用してもフケの症状が全く治らない場合には皮膚科を受診したほうが良いでしょう。しつこいフケやカユミの場合には脂漏性皮膚炎という真菌による皮膚炎である可能性があります。皮膚科では抗真菌剤などの塗り薬やかゆみ止めの飲み薬などが処方されますが、この治療法を始めるとあっという間にフケが治ります。

このように、単なる頭皮のフケやカユミといっても、その原因は様々です。ですから普段からなるべく頭皮に負担がかからないシャンプーを使用して健康な頭皮を維持することがとても重要なのです。

フケを抑える!すすぎにこだわりフケ対策シャンプー使用

産後フケがとても気になるようになり、すごく丁寧に頭皮を洗うようにしたらますますフケが増えさらに抜け毛がひどくなってしまいました。あとで知ったのですが、頭皮をゴシゴシと洗いすぎていたせいで頭皮の状態が悪くなってしまったのだとわかったのです。頭皮をしっかり洗おうと思って強く洗いすぎたことを反省して、適度に洗うように気をつけました。

シャンプーの回数を減らすことにしました。フケがひどくなった時は一日二回シャンプーで頭皮を洗っていたのですが、一日一回しました。シャンプーをしすぎると頭皮の皮脂が減り頭皮が乾燥しやすくなるんです。するとフケが増えてしまいます。

フケを抑えるために洗い方にこだわることにしました。指の先で気持ちが良いなと思う程度に軽く揉むんです。そして洗うことよりもすすぎがとても大切であると知ったので、すすぎはしっかりとするようにしました。フケが多かった時は洗うことに必死ですすぎは適当でした。

このようにしたらかなりフケの量が減ったのですが、私はさらにフケ対策用のシャンプーを使うことにしました。フケの原因菌の増殖を抑えたり、かゆみなども防ぐ薬用の頭髪ケアシャンプーです。市販のシャンプーに比べると洗浄力が弱めですが、使ったら三週間でピタリとフケがまったく出なくなったんです。とても驚きました。さすがフケ対策用のシャンプーだなぁと思いました。

フケが出なくなり頭皮が乾燥せず潤うようになったのです。頭皮環境が非常に良くなりました。髪の毛が艶やかで健康的になり嬉しかったです。頭皮の洗う回数、洗い方や丁寧なすすぎなどにこだわることでもフケは抑えられると思いますが、やはりフケ対策用のシャンプーを使うことが一番効果があるなと思いました。

フケが出る原因をしっかり理解してシャンプーの仕方を改善する

私は、毎日シャンプーをしているのにフケが出続けて困っていました。行きつけの美容室で相談したところ自分のやり方が間違っていることを思い知らされました。自分で清潔にしているつもりでしたが、フケに対する正しい知識がなかったがゆえに同じ仕方で間違えたケアをしていたことに気づき、早速リサーチ・実行してみました。

以前はフケが出るのは頭皮を清潔にしていないからだと思い込んでいましたが、実際は頭皮が傷んでいるのでフケが出るということがわかったので、頭皮の健康を取り戻すべく、シャンプーの仕方を見直してみました。毎朝、そして仕事から帰ってきてからの2回シャンプーをしていましたが、シャンプーの回数が多いと頭皮に負担がかかってフケが多くなるということで、毎日1回に減らしました。頭皮の皮脂をとればフケが減ると思い込んでいましたが、それは逆で皮脂が減ると頭皮が乾燥して炎症を起こしやすくなるというリサーチの元に実行しました。そしてシャンプーの仕方も見直しました。

意識していなかったのですが、気づくと髪の毛の泡立ち具合で洗った感を出していただけで、実際頭皮をしっかり洗っていませんでした。シャワーでよく頭皮の汚れを取り、指の腹で全体を優しくもみ、よくすすぐように心がけました。そうするとさっぱり感とスッキリが味わうことができました。さらに市販のシャンプーで洗っていましたが、フケ・かゆみ用のシャンプーに切り替えて使用しました。ドラックストアで購入できるような安いシャンプーではありましたが、洗い流した後の頭皮のツッパリ感などを感じれて、全体として気持ちの良いシャンプーをすることができています。

このように改善を試みてみると以前よりフケが減ったように感じています。頭皮チェックを怠らずこれからもチャレンジしていきたいと思います。