洗髪の仕方や生活習慣を見直してみる

フケは頭皮が剥がれ落ちることによって起こります。
頭皮も他の部分の皮膚と同じようにターンオーバーを繰り返しています。

その為、フケが出るのは当り前のことなのです。
しかし、フケの量が多すぎる場合は何らかの原因が考えられます。

フケの状態には乾燥したものとベタベタしたものがあります。
乾燥したフケの場合は肌が乾燥して起こることがあります。

刺激の強いシャンプーを使っていたり、洗髪の回数が多すぎるなどの原因も考えられます。
また、頭皮の乾燥は生活習慣や食生活、またはストレスなどによっても大きく変わってきます。

普段から乾燥した場所にいることが多く、あまり汗をかかないと肌は乾燥してしまいます。
頭皮に異常な痒みを生じたり、赤くなっているような場合は皮膚科を就寝して、適切な治療を受けましょう。

ベタ付いているフケの場合は食生活や生活習慣、ストレスなどが考えられます。
また、整髪料などもフケの原因となってしまいます。

頭皮までキレイに洗えていないと、毛穴が詰まってきてしまいます。
頭皮は髪の毛があるので、その分丁寧にいつも清潔を心がけたいものです。

シャンプーなどが頭皮に合わない場合も考えられます。
自分の頭皮に合ったシャンプーを使い、丁寧に洗うことを心がけましょう。

過度の飲酒や喫煙、睡眠不足などもフケの原因になることがあります。
フケが多すぎるということは、体からのメッセージです。

自分なりにできる生活習慣や食習慣の改善、シャンプーや整髪料などを見直ししても、あまり効果がない場合は、専門医に相談すると良いでしょう。

何らかの病気が原因で頭皮に異常が起こっている場合も考えられます。
早めに原因を知り、適切な処置をしていくことが、頭皮の健康を守り、フケの量を正常にしていくことに繋がります。

フケを取るための対処法

頭にフケが大量に発生してしまったら、他の人から不潔な人と思われるではと焦って何度もシャンプーしたりしてしまいがちです。
しかし、フケが気になるからと何度もシャンプーをしてしまうと逆効果になってしまいます。

シャンプーをし過ぎてしまうと、保湿してくれるはずの皮脂まで洗い流してしまい地肌が乾燥して余計にフケが出てしまいます。
では、どうしたら気になるフケを減らす事が出来るかというとまずは、シャンプーの見直しです。

フケが出る原因にシャンプーが原因となっている場合があります。
フケが気になるタイプの人は、フケを取りたい一心で洗浄力の強いシャンプーを使用している場合があります。

洗浄力の強いシャンプーは刺激が強く、頭皮や髪に逆にダメージを与えてフケを発生させている場合があります。

そのため、フケが多いと感じる人は低刺激のシャンプーに変えるだけでフケを抑える事が出来る場合もあります。

フケが発生する原因は、他にも多くあり紫外線の強い時期に頭皮が日焼けをしてしまうと、肌のバリア機能が壊れてフケが発生してしまう場合もあります。
身体や顔には日焼け止めを付ける人が多いですが、頭に日焼け止めを付けるという意識が低いですが、最近では頭皮用の日焼け止めスプレーなども売っているので、紫外線の強い時期には日焼け止めスプレーで日焼けの予防をする事も大切です。

また生活習慣もフケと関係があり、食生活が乱れていたり睡眠不足だったりストレスが溜まるとフケは発生してしまいます。

生活習慣を改め、食事をバランス良く摂取して睡眠を取り、ストレスを上手く発散させる事もフケを取るためには、有効な手段です。

フケの原因は、いろいろありますから、自分のフケの原因が何かをまず突き止めてから対処するのが一番です。

フケの原因には乾燥と皮脂過多がある

1つ目の乾燥が原因の乾性フケがあります。乾燥フケは小さくて細かいフケで粘性がまったくありません。頭皮からパラパラと落ちていき髪の毛からスルッとすり抜けて肩へ落ちます。手で簡単に取り除くことでパッパッと取り除くことが出来ます。常に鏡が手放せません。

常に携帯のエチケットブラシを携帯しておくのがそして頭皮そのものの原因を改善することも大事になってきます。頭皮の乾燥には保湿力の高い「セラミド」を配合したローション使うと効果的です。シャンプーの後に湿布して軽くなじませるとより効果的でより浸透成分が浸透しやすくなります。空気がとても乾燥した日(冬は特に)は毎日してください。次は皮脂過多で原因が「脂性のフケ」はフケが大きく粘り気があるのが特徴で乾性フケのように肩には落ちず、粘り気があり、髪の毛にひっかかってほぼ付着していることが多いです。気づいたら髪に付着しているフケだけ取り除きます。

頭皮からブラシなどでといてしまうと、はがれていないフケまではがれて余計にフケを増やしてしまうので注意が必要です。皮脂を抑えるスプレーなどが市販されているので頭皮にスプレーしてフケが落ちるのを防ぎます。軽くブラッシングしてからシャンプーします。シャンプーで泡を立てて泡を少し塗布してマッサージします。熱いお湯は頭皮に刺激を与えるので、ぬるめのお湯で泡をしっかり流します。この洗い方で新しいフケを作らずある程度抑えることができます。

朝シャンプーするのはやめて、1日の汚れはその日の夜きれいに落とすことです。髪も濡れたままにせず、すぐその日にしっかり乾かし、就寝してください。半乾きや濡れたままだと、雑菌が増殖しフケがまた増えることになります。もうひとつプラスするならシャンプー後、ドライヤー前に頭皮用の保湿剤を塗布してマッサージで血行を良くします。栄養も浸透しフケにも効果が期待でき改善できます。