頭のフケを抑える方法について

頭のフケに悩まされている人は男女共に多いようです。たいてい頭のフケがたくさん出る人はかゆみもあることが殆どです。この症状は頭皮のトラブルから起きる症状で、その原因はシャンプーに含まれている成分が頭皮に刺激を与えてアレルギー症状を起こしたことによるものです。

市販されている一般的なシャンプーには界面活性剤や香料や色素などさまざまな添加物が加えられています。これらの成分がアレルゲンとなり頭皮にアレルギー症状をおこし、それが頭皮の乾燥やカユミ、フケを引き起こしてしまうのです。ですから、これらの症状に悩まされるようになったら、まず使用しているシャンプーの見直しをする必要があります。

最近はフケカユミなどに効果のある薬用シャンプーがたくさん発売されています。これらは低刺激性のアミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーであることが殆どです。こういったシャンプーに変更することで、フケの症状が治ることが多いのです。だいたいアミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーなどに変えると早ければ2、3日後にはフケが治まってくるようです。

シャンプーをノンシリコンのものに変えてしばらく使用してもフケの症状が全く治らない場合には皮膚科を受診したほうが良いでしょう。しつこいフケやカユミの場合には脂漏性皮膚炎という真菌による皮膚炎である可能性があります。皮膚科では抗真菌剤などの塗り薬やかゆみ止めの飲み薬などが処方されますが、この治療法を始めるとあっという間にフケが治ります。

このように、単なる頭皮のフケやカユミといっても、その原因は様々です。ですから普段からなるべく頭皮に負担がかからないシャンプーを使用して健康な頭皮を維持することがとても重要なのです。

フケを抑える!すすぎにこだわりフケ対策シャンプー使用

産後フケがとても気になるようになり、すごく丁寧に頭皮を洗うようにしたらますますフケが増えさらに抜け毛がひどくなってしまいました。あとで知ったのですが、頭皮をゴシゴシと洗いすぎていたせいで頭皮の状態が悪くなってしまったのだとわかったのです。頭皮をしっかり洗おうと思って強く洗いすぎたことを反省して、適度に洗うように気をつけました。

シャンプーの回数を減らすことにしました。フケがひどくなった時は一日二回シャンプーで頭皮を洗っていたのですが、一日一回しました。シャンプーをしすぎると頭皮の皮脂が減り頭皮が乾燥しやすくなるんです。するとフケが増えてしまいます。

フケを抑えるために洗い方にこだわることにしました。指の先で気持ちが良いなと思う程度に軽く揉むんです。そして洗うことよりもすすぎがとても大切であると知ったので、すすぎはしっかりとするようにしました。フケが多かった時は洗うことに必死ですすぎは適当でした。

このようにしたらかなりフケの量が減ったのですが、私はさらにフケ対策用のシャンプーを使うことにしました。フケの原因菌の増殖を抑えたり、かゆみなども防ぐ薬用の頭髪ケアシャンプーです。市販のシャンプーに比べると洗浄力が弱めですが、使ったら三週間でピタリとフケがまったく出なくなったんです。とても驚きました。さすがフケ対策用のシャンプーだなぁと思いました。

フケが出なくなり頭皮が乾燥せず潤うようになったのです。頭皮環境が非常に良くなりました。髪の毛が艶やかで健康的になり嬉しかったです。頭皮の洗う回数、洗い方や丁寧なすすぎなどにこだわることでもフケは抑えられると思いますが、やはりフケ対策用のシャンプーを使うことが一番効果があるなと思いました。

フケが出る原因をしっかり理解してシャンプーの仕方を改善する

私は、毎日シャンプーをしているのにフケが出続けて困っていました。行きつけの美容室で相談したところ自分のやり方が間違っていることを思い知らされました。自分で清潔にしているつもりでしたが、フケに対する正しい知識がなかったがゆえに同じ仕方で間違えたケアをしていたことに気づき、早速リサーチ・実行してみました。

以前はフケが出るのは頭皮を清潔にしていないからだと思い込んでいましたが、実際は頭皮が傷んでいるのでフケが出るということがわかったので、頭皮の健康を取り戻すべく、シャンプーの仕方を見直してみました。毎朝、そして仕事から帰ってきてからの2回シャンプーをしていましたが、シャンプーの回数が多いと頭皮に負担がかかってフケが多くなるということで、毎日1回に減らしました。頭皮の皮脂をとればフケが減ると思い込んでいましたが、それは逆で皮脂が減ると頭皮が乾燥して炎症を起こしやすくなるというリサーチの元に実行しました。そしてシャンプーの仕方も見直しました。

意識していなかったのですが、気づくと髪の毛の泡立ち具合で洗った感を出していただけで、実際頭皮をしっかり洗っていませんでした。シャワーでよく頭皮の汚れを取り、指の腹で全体を優しくもみ、よくすすぐように心がけました。そうするとさっぱり感とスッキリが味わうことができました。さらに市販のシャンプーで洗っていましたが、フケ・かゆみ用のシャンプーに切り替えて使用しました。ドラックストアで購入できるような安いシャンプーではありましたが、洗い流した後の頭皮のツッパリ感などを感じれて、全体として気持ちの良いシャンプーをすることができています。

このように改善を試みてみると以前よりフケが減ったように感じています。頭皮チェックを怠らずこれからもチャレンジしていきたいと思います。

乾燥or湿気?フケの種類から見直す頭皮ケア習慣

毎日しっかりシャンプーしても、小まめにブラッシングしても、頭皮のフケが止まらないことがあります。
パサパサに乾燥しているものや、水分を含んでじっとりとしたものまで、人によってフケの種類も異なります。
今回は気になる頭皮のフケを抑える方法は、どのようなものがあるのかを検証してみました。

  • シャンプーを2、3日おきに行う

フケを洗い流そうとして、毎日シャンプーする人もいますが、逆にフケを増やしてしまう原因になります。
弱った頭皮は水分を含むと柔らかくなり、強く擦ると余計に皮めくれを起こしやすくなるからです。
汗をかく夏場は毎日洗っても構いませんが、それ以外の季節は2、3日おきで十分です。
頭皮を守るための皮脂を洗い流さないためにも、毎日のシャンプーは控えるようにしてください。

  • 整髪料やヘアオイルを使わない

普段から整髪料やヘアオイルを使っているなら、シャンプー時にそれらを洗い流す際、頭皮に負担がかかるので止めましょう。
しっかり洗ったつもりでも髪に残っていることがあり、頭皮に炎症を起こしてフケを招くこともあります。
また、オイル系のアイテムを使うと、毛穴をふさいでしまうので、角質が溜まりやすくなり、結果的にフケの量が多くなります。
できるだけ何も付けずに、自然な頭皮のターンオーバーを促すようにしましょう。

  • シャンプー後はドライヤーで乾かす

シャンプーした直後の頭皮は清潔ですが、時間が経過すると雑菌がでてきます。
塗れたまま放置していると、湿気によって菌の繁殖が進んでしまいます。
頭皮の乾燥が気になってドライヤーを使わず、自然乾燥をしている人もいますが、きちんと乾かしたほうがフケを予防できます。
頭皮ダメージが気になるなら、頭にタオルを被せて、その上からドライヤーを当てると短時間で髪を乾かすことができます。
熱風を当てた後は、冷風で髪全体の熱を下げれば、ダメージを軽減できるのでフケも減っていきます。

頭皮は乾燥しすぎても、湿気を含みすぎてもダメージを与えてしまいます。
自分のフケの種類を見て、乾燥しているならシャンプーの回数を抑えたり、湿っているならドライヤーをしっかり使うなどの対策をしてください。
正しいケアをすればフケを予防できますから、まずは今の習慣を見直すことから始めましょう。

頭のフケを抑えるためにはシャンプーから変えていく必要があります。

頭をフケが酷くて悩んでいる人も結構多いと思います。
では、具体的にどういう風にして頭のフケを抑えたら良いのかというと、一番良い方法はシャンプーを変えるのが良いです。

なぜなら、頭からフケが出る最大の要因は頭皮が乾燥して
頭皮が剥がれてしまってフケが出るからです。

ですから、フケが出ないようにするためには頭皮の環境を整える必要があります。でも、多くのフケで悩んでいる人は
自分は毎日頭を洗っているのにフケが出てくると感じていると思います。

それは多くの場合は体質に問題があっていくらシャンプーを使って頭を洗ってもフケが出てくる事があります。

では、どうして毎日頭を洗ってもフケが出てくる事があるのかおいうと、それはシャンプーを使って頭を洗っても頭皮がシャンプーに合っていなくてそれで頭皮が乾燥してしまって、
フケが出てしまう事があります。

ですから、別に自分は頭皮を不潔にしていないと思っていながらフケが出てしまっているという人はまずはシャンプーを変える事をおすすめします。

その際にどういうシャンプーを使ったら良いかというと
それには頭皮の乾燥を防ぐシャンプーを使うのが良いです。

なぜなら、フケが出てしまう原因は頭皮が不潔な状態の場合とは別に頭皮が乾燥してしまって頭皮がボロボロと剥げ落ちてしまう事があるからです。

ですから、今現在毎日しっかり頭を洗っていてそれで
フケがたくさん出ているという場合はシャンプーが頭皮に合っていないので、頭皮に潤いを与えるシャンプーを使って
頭皮を綺麗にする必要があります。

そうすれば頭皮の乾燥が原因によるフケを抑える事は可能になります。少なくとも私はそうやって頭皮を乾燥させすぎないで
ある程度頭皮に油分が残るシャンプーを使ってフケが出ないようにしています。

ふけを抑える必要性とふけを抑える2つの方法について

髪の毛の悩みは多くの人が抱えているものですが、特にふけは相手に不快感を与えてしまい、不潔に感じさせてしまうものです。しっかりケアをすることで、ふけは改善する事が出来ます。

  • 頭皮用のオイルを使用する

市販されている頭皮用のオイルやローションであれば、比較的即効性が高く利用しやすいと言えます。頭皮に対しては、乾燥を抑えて、予防できるオイルは、効果的な手段の1つと言えます。乾燥を防ぐために、皮脂の変わりに油を引いて、水分を残しておくことができます。注意点としては、オイルによるケアは過信できないので、あくまでも頭皮を正常に保つための手段として利用する事が肝要です。頭皮ケアをする上で、効果が出ない時期の補完する意味合いで使う事が良いと言えます。

  • シャンプーの頻度を抑える事

シャンプーの頻度は1日に数度行う場合は、1回に減らして、1回の人は、2日か3日に一度にして残った日は湯シャンで対応しシャンプー頻度を抑えることが肝要です。夏場などは汗の問題もあるので、大変だとは思いますが、改善方法としては慣れが必要なので難易度は高いと言えます。シャンプーの頻度を減らす事は、慣れるまでが大変で洗えていない感じが気になる事やかゆみを感じることがありますが、リターンも大きく、自然と頭皮をしっかり洗えるようになり、頭皮が慣れてシャンプー要らずになる事や頭皮と髪にダメージを与えずに過ごせるなどが挙げられます。市販のシャンプーは刺激が強い事が多く、頭皮の乾燥を進めてしまう可能性が高いので、シャンプーの頻度に関して工夫をしてみると良いです。若い人が良く行う朝シャンなどはあまりお勧めできないので、ふけが気になる人は止める事をお勧めします。